酵素が耐えられる限界温度!

酵素が耐えられる限界温度!

魚、肉、卵、野菜や果物を加熱処理して色々な料理ができあがりますね。そしてその調理のなかで、酵素が死んでしまうのは、何度くらいなのか知っていますか。一般的には、だいたい50度から70度くらいで死んでしまいます。もし酵素サプリメントを購入するのなら、加熱処理をしていない、もしくは低温で製造しているものを購入しないと、酵素の働きは得られないということです。

 

卵や肉などは、半生やレア状態のほうが美味しいですが、しっかり中に火を通してからいただきますので、残念ですが、ほとんど酵素は残っていないでしょう。だから、この加熱調理した料理のサイドに、なにか生のものを一緒にとるといいでしょう。

 

酵素は熱に弱いということを知っておけば、それぞれの食事に必ず生のものを取り入れるように気をつけるでしょう。そして、食事のメニューのなかで、どうしても生のものが入らない、野菜嫌いの子供がいる場合には、酵素サプリメントを利用しましょう。子供から大人まで安心して飲める、万田酵素などがあります。

 

口当たりや味によって、好みが分かれる所なので、自分の好きな酵素を選んでみましょう。いまは酵素サプリメントも多数発売されていますので選択肢は多い筈です。