知ってびっくり、酵素3種類

知ってびっくり、酵素3種類

酵素の大きな効き目を考える際に、欠かすことができないのが、酵素の主な働きです。酵素には、実はその効果の違いから、3つの名前がつけられて区別されているのです。その3つのカテゴリーはどんなものかというと、潜在酵素、そして消化酵素と代謝酵素です。

 

もっとも耳にする機会が多いのが、消化酵素や代謝酵素ではないでしょうか。酵素のなかでも体に良いイメージを司っているのは、この2つですよね。それでは潜在酵素とはどんなものでしょうか。

 

潜在酵素とは、その個人がもともともっている遺伝子に決まっていて、それぞれが持っている一定量の酵素、一生のうちで作れる酵素のことを潜在酵素というそうです。体外から摂取することなく、自分で酵素を生成することができるとは結構驚きではないですか。

 

そして、皆さんがよくご存知の、消化酵素は、食べ物を効率よく消化する消化酵素派、タンパク質や脂肪などを分解し、体への吸収を良くしてくれます。炭水化物に含まれるでんぷんは、ブドウ糖に分解し、タンパク質はアミノ酸へ、脂肪は脂肪酸に分解してくれます。

 

代謝酵素は、吸収された栄養を有効に使って、新陳代謝などに役立てます。毒素を汗や尿のなかに排泄します、そして免疫力を高めて、病気を治す自然治癒力もつけてくれます。このように酵素は体に欠かせない働きをしてくれるのです。