絶体絶命、酵素が不足?

絶体絶命、酵素が不足?

酵素が不足すると、体にどのような影響が出るのでしょうか。一番に考えられることは、血液が汚れやすくなることです。食物を摂取すると、タンパク質、炭水化物、脂質などが分解されますが、その分解に欠かすことができないのが酵素です。その分解が不十分だと、未消化な糖などが、血液をどろどろにしてしまいます。そうなると、赤血球同士がくっついて、血液を汚してしまうことにも繋がるといいます。

 

血流、血行が悪くなると、血管がつまりやすくなるので、病気の原因にもなってしまいます。しかし、このどろどろ血液のなかに、すこしでも酵素が入りだすと、さらさらした血液に変えてくれるといいます。でんぷん、タンパク質、脂肪でも同じことが起こります。

 

酵素不足は、食べ過ぎで消化酵素が足らないか、もしくは加熱食品ばかり食べることによって起こります。自前でできる酵素は限られていますので、どうしても酵素が足らなくなってしまいます。そうなるとどんどん血液が汚れて、健康を損なう結果になるのです。

 

食べたものが十分消化されないままになるのは、体の血液をとても汚します。これは万病のもとになり、とても危険なことです。万田酵素などの酵素サプリメントなどで、この病気の元を体のなかに残さないようにしましょう。